階段を使って脚痩せをする

ダイエットのためには階段を使う方が良いです。

自分の体重を下半身を使って持ち上げるので、通常のウォーキングよりも太ももからお尻の筋肉を使用します。運動の効果は平地の3倍以上で、消費カロリーは高いです。

10分上り下りするだけで、10分間ジョギングしたり20分間バレーボールを行ったのと同じ効果があります。内ももは日常生活ではあまり使用しないので、意識して使わないと衰えてしまいます。階段を下りる時には、時に内ももの筋肉を使用します。

特別な運動をしなくても、階段の上り下りをするだけで脚痩せが出来ます。行う時はフォームをきちんとしないと、膝や腰を痛めてしまいます。また太ももの前面だけを鍛えて太くしてしまったり、逆効果になる場合もあります。

正しいフォームは背筋を伸ばして垂直をキープして、前屈みにならないようにして目線は前に向けて下を向かないようにします。膝を高く上げて股関節から太もも事上げるイメージで、つま先から下していきます。後ろ足を伸ばして後ろ足で押し出すのを意識して、太ももの裏側の筋肉が効果的に使えるようになります。

とにかく毎日続ける事が大切です。

シェイプビクトリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です